授乳とバストアップ手術 バストアップでキレイもアップ

授乳とバストアップ手術

バストは最も女性らしさを現わす部分です。そして同時に女性が出産した後は、母乳の生成、授乳という重要な役割を持っています。

バストアップをしたいと願う女性にとって、豊胸手術は最も手早く確実な方法です。しかし将来、出産、育児を考えている女性は、豊胸手術が授乳に及ぼす影響を考慮して、慎重に手術を選択する必要があります。

豊胸手術にはいくつかの方法がありますが、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法は自分の脂肪や体にやさしい安全な物質を挿入するため、授乳に影響のない安全な手術といえるでしょう。

豊胸バッグを挿入する人工乳腺法では、乳腺下に豊胸バッグを挿入する乳腺下法と、大胸筋の下に挿入する大胸筋下法があります。妊娠するとバストが次第に大きくなりますが、それは乳腺組織自体が大きくなるということで、豊胸バッグがその現象に影響を及ぼす心配はありません。

そして大胸筋下法は授乳に関わる乳腺組織を一切傷つけずにバッグを挿入するため、授乳には全く影響しません。ただしとても低い確率で母乳の分泌が悪くなることがあります。

一方、乳腺下法は授乳に影響を及ぼすことがありますので、手術前のカウンセリングで十分に確認する必要があります。

また授乳中の豊胸手術は、手術に関わる投薬が母乳に影響を及ぼす可能性があり、ほとんどのクリニックでは行っていません。授乳という大仕事を終えたら自分のためにバストアップの手術を受け、サイズアップしたバストを長期間楽しみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17504342
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック